株式会社バンダイナムコ ビジネスアーク

TOPインタビューTOPインタビュー
INTEWVIERINTEWVIER

01
働く会社を決めるとき、
どんなことを軸にしていましたか。

有意義な人生を送るためには、働く会社で学習と自分自身の成長の機会が得られることが、最も大切であると考えていました。よく「自分のやりたいこと」や「自分らしさ」を職場選択のポイントとして挙げられることも多いですが、私の場合は、今自分のやりたいことに固執して自身の可能性を自ら限定するよりも、長い人生でいつでも自分のやりたいことを幅広に選択できる可能性を高めることを軸として働くことにしています。私は社会人人生の中で、学ぶ実感に最も幸せを感じてきました。

02バンダイナムコ
ビジネスアークらしさや、
バンダイナムコビジネスアークで
働く醍醐味を教えてください。

バンダイナムコグループは、多様な事業会社で構成されています。グループ各社へ個別に最適なサポートを提供するとともに、グループ全体の最適性も同時に追求することがミッションです。それは部分最適と全体最適の調和を図ることであり、バンダイナムコグループにおいて、バンダイナムコビジネスアークが唯一その役割を担っています。両者には時として矛盾(コンフリクト)が存在し、その解決は困難なことも多いですが、そこに自分が成長する貴重なチャンスと醍醐味があるのです。

03
代表へ就任した2015年から
現在の
バンダイナムコビジネスアークは
どう変わりましたか。

バンダイナムコビジネスアークを「いい会社」にしようと言い続けています。「いい会社」とは、自分の職場を誇りに思えることだと思います。当社は事業会社出身者、中途入社者、そして新卒入社者のハイブリッドで構成されており、多様で優秀な人材が、お互いに協力し、切磋琢磨し、刺激して、その化学反応がエネルギーとなってユニークな存在感を発揮しています。バンダイナムコビジネスアーク以外にそんな会社はない、それが私の誇りです。

04応募者へのメッセージ

バンダイナムコビジネスアークで、働きたいと考えている皆さんは、ぜひ、思考と行動を両立させてください。当社は、学習する会社であるとともにバンダイナムコグループ、そしてそれを構成する各社とともに行動する会社です。学習する機会はふんだんにありますが、それを生かすのは各自の主体的な向上心です。バンダイナムコグループの事業は変化に富んでいます。明日と将来は今日と違います。何が起こるか想像力を鍛えてください。そして何をすべきか思考し、創造し続けてください。皆さんには、当社の行動力を伴う「デザイナー」を目指してほしいと思います。