株式会社バンダイナムコ ビジネスアーク

尊敬できる先輩が
たくさんいる

情報システム部
リアルエンターテインメント
ユニットチーム

長谷川 南

2017年 新卒入社

Minami Hasegawa

interview

入社後2年間人事部へ配属となり、その後、情報システム部へ異動し、新会議室予約システムのグループ各社導入や、社内ITツール(MicrosoftTeams等)の活用力向上を目的としたワークショップ・啓発ポスター等の企画に携わってきました。現在は、リアルエンターテインメントユニットチームでバンダイナムコアミューズメントを始めとした、グループ会社の情報システム担当をしています。業務新人でも、先輩方が丁寧に教えてくださり、ITに関することだけではなく、仕事をする上で大切なプロジェクトの進め方を日々学んでいます。

バンダイナムコグループとして在宅勤務や働き方改革に取り組む際、問題なく事業が継続できるように制度を作ったり、事業会社への働きかけが出来るのが、バンダイナムコビジネスアークの強みです。また、短時間勤務やフレックスを活用して、仕事とプライベートを両立させ、多種多様な働き方が出来きるところも魅力だと思います。エンターテインメント企業なので、社内交流イベントは常に全力で、遊び心があります。

今後は、プロジェクトマネジメント力を身に付けたいです。1つの施策には、プロジェクトメンバー・取引先・事業部等、多くの人が関わり、期間も限られていて、計画通りにはなかなか行きません。以前、一緒に仕事をした先輩が、膨大なタスクを、東奔西走しながら最後までやり遂げ、感極まりつつメンバーに感謝している姿を見て、私も、先輩の様な仕事が出来る人になりたいと思いました。そんな尊敬出来る先輩が沢山いる会社です!

Q&A

Q. 入社しようと思った理由を教えてください。

バンダイナムコの作品が好きで、就職活動中にバンダイナムコグループの企業研究をしていた中で、バンダイナムコビジネスアークを見つけました。グループの様々な会社と仕事が出来ること、そして「女性が多く活躍している会社」という印象があり、面接も楽しく、志望度が高かったため入社を決めました。実際に働いてみて、性別や年代に関わらず、会社の垣根を越えて仕事が出来る、柔軟性のある会社だと感じています。

Q.仕事のやりがいを教えてください。

勤続年数に関わらず、例え部門1年目社員の意見でも、上司は耳を傾けてくれます。自分の意見が認められ、実現出来た時はやりがいを感じます。また、本当に多くのグループ各社の方と関わる機会があるので、働く中で徐々に人脈が広がり、困ったときに自分を頼ってもらえると嬉しいです。その為に、今の部門で自分の強みを身に付けられるよう日々精進しています。

Q.バンダイナムコビジネスアークで
「こんなところが成長できる」という
ところを教えてください。

バンダイナムコグループの管理部門ですので、担当会社が変わっても、どこに行っても、必ず経験が活きます。例えば、パソコンやシステムは仕事で必ず使うものなので、情報システム部で培った知識・経験は、今後も必ず役に立ちます。もちろん人事・総務・経理財務においても同じ事が言えます。様々な事業や会社を経験をしてきた先輩方が多く、多角的な視点の意見や事業の話が聞けて毎日新しい発見があります。

9:30

出社

バンダイナムコアミューズメント本社へ出社。
まずは、メールチェックとスケジュールを確認。

10:00

新入社員向け説明会

バンダイナムコアミューズメントの新入社員に向けた情報システムに関する説明会を開催。

12:00

ランチ

社内のフリースペースでチームの先輩や同僚と一緒にランチ。

13:00

資料作成

担当する施策の資料作成を実施。チームメンバーへTeamsを使って情報共有。

16:00

新システム導入の打ち合わせ

取引先とバンダイナムコアミューズメントの事業部の新システム導入に関する打合せ。

17:00

問い合わせ対応

問い合わせや依頼メールへ返信。
翌日以降のスケジュールを確認して退社。

18:30

夕食

退社後、仲の良い先輩・後輩と集まってご飯♪

取材日:2020年6月
※掲載内容は、取材日時点の情報となります。

他の社員インタビューを見る