株式会社バンダイナムコ ビジネスアーク

「人事戦略」で
会社の未来を
創造する

人事部
トイホビーユニットチーム

岡本 麻由子

2015年 中途入社

Mayuko Okamoto

interview

私が入社を決意したのは、選考過程の面接でお会いする方々がとても魅力的で、お話していてとても楽しかったこと、そして、一緒に働きながらバンダイナムコグループを強くしていくイメージを持てたことが、大きな決め手となりました。逆境を乗り越え、やり抜くパワーや情熱があり、かつ土台として、どんな場面でも前向きで、遊び心を忘れない風土が根付いている会社なので、仕事のスキルだけでなく、人としても成長するには絶好の場所だと感じました。

現在はバンダイ・BANDAI SPIRITSの人事戦略担当として、経営層と一緒に会社の未来を考え抜き、創っていく仕事をしています。今後、バンダイ・BANDAI SPIRITSは「どう成長し、どんな人材が必要か、社員にどうあって欲しいか、どんな制度・仕組みが必要か」を日々考え、役員や管理職、新入社員といった多様な役職・立場の方と対話し議論を重ね、企画・運用しています。

トイホビーユニットでは、より世界でのプレゼンスを高めたいというフェーズで、グローバルの人事プロジェクトを進めていこうとしています。私もこのプロジェクトに関わりたいと希望したところ、早速チャンスをいただきました。英語は勉強中ですが、とてもワクワクしています。世界中で人の価値観が変化し、エンターテインメントの在り方も変化していくであろう今、そうしたダイナミズムの渦中において、少しでも貢献できる可能性に感謝しながら、挑戦していこうと思います。

Q&A

Q.バンダイナムコビジネスアークで
「こんなところが成長できる」という
ところを教えてください。

「適応力」と「解決力」が磨かれやすいと思います。ジョブローテーションが活発で、来年も同じ仕事をしているとは限らないからこそ、「1年以内に価値を発揮して自分の爪痕を残すぞ!」という意識が高まります。すると自然に、新しい環境でも即吸収・適応する勘所、センスのようなものが向上すると思います。また、役職問わず仕事を任せてもらえるので、「最後の砦」意識が高くなり、自らの力で解決まで持っていく力が身につきやすいと感じます。

Q.仕事のやりがいを教えてください。

自分が想いを持って資する相手が、目の前にいる社員だということに、特にやりがいを感じています。会社のため、社会のためという目線を持って、施策や仕組みを考える時間も多いですが、当事者の方の話を聴き、寄り添って考え、結果その方の笑顔や活力に繋がった時は、心からやってよかったと感動します。そして社員一人一人の活力が上がることで、会社全体が変わっていくのを肌で感じることができるのは、この仕事の魅力だと感じています。

Q.バンダイナムコビジネスアークの
強みや魅力は何だと思いますか?

各々が目指したい成長を、温かい仲間と共に叶えていけるところです。例えば、私は人事として広く学びたいと思っているのですが、他者・他チームの仕事に浸み出すことが称賛される風土なので、無知でも首を突っ込み学ばせてもらえて、役に立てば頼りにしてもらえます。「こんな挑戦・検証がしたい」「○○を学びたい」という意欲に寛大で、失敗を許容できるこの会社で、人としても尊敬できる同僚と励まし合い成長していけるのは、幸せなことだと思います。

7:30

エイカツ

エイカツ(早朝英語活動):外国人と日本人、2名の先生から学べる社内英会話に参加。

9:00

出社

バンダイ本社(駒形)へ出社し、スケジュールの確認。

10:00

人事制度の提案

役員へ新しい人事制度について提案を実施。一緒に議論を行うことも。

11:30

ランチ

チームメンバーのお誕生日なので、ランチ後にフロアでお祝いサプライズ!

15:00

社員へヒアリング

バンダイの各事業部フロアに行き、現状をヒアリング。まずは、現状の課題を把握。

16:30

ブレスト

チームでどんな人事制度が効果的か考え、ブレストを実施。

18:00

社外での勉強会

退社後、社外で同じ人事業務を実施している仲間と集まり、テーマごとに考えを語り合ったり、情報交換を実施。

取材日:2020年6月
※掲載内容は、取材日時点の情報となります。

他の社員インタビューを見る