株式会社バンダイナムコ ビジネスアーク

社員全員が専門分野の
プロフェッショナル

人事部 報酬チーム

髙𣘺 俊也

2016年 中途入社

Shunya Takahashi

interview

人事部 報酬チームでは、バンダイナムコグループに属する21社の給与計算業務を行い、業態の異なる様々な会社を管理しています。特徴の似た会社をユニット毎に整理して、基本的にはユニット毎に、時にはユニットの枠を越えて、チームで協力しながら業務を行っています。

私の仕事は社員の働くモチベーションを維持するために、なくてはならない仕事だと思っています。
社員にとって毎月給与が支給されることは当たり前ですが、その当たり前を守るということに、やりがいがあります。毎月スケジュールを立て、メンバーとコミュニケーションを取りながら、ミスの無いように業務を進めます。支給日にきちんと給与振込が行われたことを確認すると、ホッと一安心するとともに、達成感を感じます。

また、多様な事業会社の給与計算業務を担うことで、幅広い視野を持って仕事をすることが出来るようになりました。各社独自の人事制度や給与形態があり、それに携わることで、自身の知識をアップデートし、得た知識を別の会社の業務に活かすことができる点は、バンダイナムコビジネスアークならではの特長です。

ここでは、全ての社員が専門分野のプロフェッショナルです。各部門が会社機能の中枢を担っており、グループ各社の管理機能が集約されることで、専門分野に精通したプロフェッショナル組織が築かれています。人事部でも、労務管理・採用・福利厚生・報酬・健康推進など、各チームがこれまで培った経験や専門知識を活かし、業務を進めています。時にはチームの垣根を越えて意見交換をし、専門的な意見を聞く事で、問題解決することが多くあります。

Q&A

Q. 入社しようと思った理由を教えてください。

前職でも人事を担当しておりましたが、業務内容が細分化されておらず多岐にわたっていました。
広く浅い業務をこなすのではなく、給与計算業務のより専門的なスキルを身に付けたいと考えていたところ、バンダイナムコグループの管理部門である、バンダイナムコビジネスアークを知りました。
グループ各社の給与計算業務を通じて、働く社員に貢献し、自身のスキルアップも図っていきたいと考え、入社を決意しました。

Q. 現在の仕事について教えてください。

現在は、バンダイやBANDAI SPIRITSを中心とした、トイホビーユニット6社の給与計算や、それに付随する納税処理、計上資料の作成などを、チーム内のメンバー5人と、知恵を出し合いながら業務にあたっています。
なかでも私は、主に賞与額の算出や、海外に出向している社員の報酬管理を担当しています。

Q.今後、挑戦してみたいことを教えてください

バンダイナムコビジネスアークには、社員の自己啓発や仕事のスキルアップを目的とした、資格取得奨励金制度があります。私もこの制度を利用して、いくつか資格を取得してきました。現在の目標は、社会保険労務士試験に合格することです。幅広くかつ専門的な知識が求められるため、難解な試験ではありますが、日々の業務を通じて知識を身に付け、自身でも勉強を続けて、今後のキャリアアップに活かしていきたいと考えています。

9:00

出社

メールを確認し、必要に応じてチームメンバーへの情報展開やスケジュールを共有。

10:00

海外給与計算

バンダイから海外グループ会社へ出向している社員の報酬額算定を行う。

12:00

ランチ

社内のフリースペースでランチ。
食後に資格取得に向けた勉強を行うことも。

13:00

チームメンバーへの情報共有

業務に関わる法改正事項の洗い出しを行い、資料を作成しチーム内へ展開。

15:00

後輩の進捗確認

後輩が実施した給与計算結果の確認と、修正点や課題をフィードバック。

17:00

賞与資料作成

事業会社へ報告するための賞与額算出資料の作成。

18:00

退社

区切りのいいところで、業務を終了し退社。

取材日:2020年6月
※掲載内容は、取材日時点の情報となります。

他の社員インタビューを見る